好きを仕事にするかさこ塾生インタビュー!シンママ&シンパパの輪・NPO法人しんぐるふれんず代表理事・稲葉由梨(大阪)

・今、どんな仕事をしていますか?
①ひとり親(母子家庭・父子家庭)と
ステップファミリー(子連れ再婚家庭)の笑顔と
仲間の輪を作る広げる活動として
親子でのBBQやキャンプなどのイベント開催
②ひとり親がスタッフのメインとして事務の請負「在宅秘書」業務
③ひとり親家庭の現状とコミュニティー作りについての講演活動

・今の活動(仕事)に出会った、もしくははじめたきっかけは?
ひとり親(シングルマザー)になった時に
同じ境遇の友達がほしいと思って、コミュニティとして立ち上げました。
その後、会社員を辞め個人で「在宅秘書」として活動するも、
在宅で少しでも収入を得られるという業務が
ひとり親家庭の貧困というところに少しでも役に立てるのではないかと思い
現在のひとり親のスタッフメインの在宅秘書業を行うことにしました。

・今の活動(仕事)をしていて楽しいことは?
自分がシングルマザーとして子供としたいことがみんなでできること

・今の活動(仕事)のやりがいは?
イベントをした時の子ども達の笑顔と親たちの
「来てよかった!」「ここ(しんぐるふれんず)があったから
親子で毎日頑張れる」という声を聞けた時
少しの時間を在宅での仕事に使い、
その稼いだお金で子供と遊びに行けた・おいしいご飯が食べれたと喜んでもらえた時

・今の活動(仕事)の大変な点は?
もっと広く沢山のひとり親家庭コミュニティの活動を知ってもらう為の方法

・今の活動をお金にするために苦労したこと、工夫したことは?
ひとり親の方からは無理な無駄なお金を払っていただくことは、
一切しないとコミュニティを立ち上げた時から決めていました。
ひとり親のコミュニティと在宅秘書を
完全に切り離して考えていた時は、運営費の捻出にとても苦労しました。

運営費を個人の持ち出しではとても継続できません。
でも、どこで・・・と常に頭を悩ませていました。
ずっと点と点だった「しんぐるふれんず」というコミュニティと
「在宅秘書」という個人の仕事
それまでもずっと在宅での仕事ができればと
ひとり親の方々には言われていたのに、気が付かず。
その時に、かさこ塾で改めて自分の棚卸をした時に
点と点が線に結びつきました。

・今の活動(仕事)をするようになってから自分の心境の変化はありましたか?
大きくありました。
私の人生を変えたと言ってもいいほどです。
下手な(笑)自己啓発を学ぶより、自分自身の価値・存在意義を
ここに集まってくれた方々から教えていただきました。

・今の活動(仕事)をするようになってから周囲の反応は?
昔から私を知っている人はとても意外だと言いました。
人見知りだし、気も利かないし、いつもぽーっとしていたので(笑)

・どんなお客さんが多いですか?
在宅秘書の部分でいうと、個人事業主様や中小企業の社長様が大半です。
キラキラブランディングの女性起業家さんは圧倒的に少ないです。

・どんなお客さんに自分のサービスや商品を利用してほしいですか?
コミュニティ・・・子供と一緒に色々なことがしたいひとり親
・子供が手を離れて自分の時間を楽しみたいひとり親の親
・今とてもしんどい思いをしているひとり親
在宅秘書・・・起業して間もない方から中小企業の社長様まで

・今の活動(仕事)をしていて一番うれしかったことは?
自分の息子(現在小3)が「かぁか(私)を見てたら
大人って楽しそうやから早く大人になりたい」と言ってくれたこと

・今の活動(仕事)をする上で、参考になった本やサイトなど。
特にありません。

・今後どんなことをしていきたいですか?
ひとり親の貧困を減らしたい。そして、もっと自立するひとり親を増やしたい。
そこから、ひとり親家庭の子どもの学力が低いと
言われている現状を変えたい
(親が自立し、しっかり稼げるようになれば変わると思う)

・最後にアピールしたいことがあれば一言
離別したひとり親は離婚理由がなんであれ
「親の勝手で離婚して」と言われることもあります。
どんな理由であれ、多かれ少なかれ子供に対しての罪悪感も持っています。
でも、それを抱えていても子供は幸せになりません。
もっと子供と一緒に幸せになる道を見つけてほしい!
そのきっかけになれればいいなと思っています。
私は、そんなひとり親家庭の光になりたいと本気で思っています。

・ブログ
http://singlefriends.hatenablog.com/