好きを仕事にするかさこ塾生インタビュー!理学療法士 / リンパ浮腫セラピスト・牧原広実さん(東京)

・今、どんな仕事をしていますか?
手術後や、一晩寝ても良くならないような、慢性的なむくみのケア
リンパ浮腫の弾性着衣販売・オーダーメイド作成

・今の活動(仕事)に出会った、もしくははじめたきっかけは?
整形外科病院に勤務していた時、腰痛で入院された患者さんが、
がんの手術後のリンパ浮腫だったこと。脚がむくんでパンパンなのに、
病院では見てもらえなかったそう。そこからむくみの勉強を始めました。

病院では、ケアが必要だけれど医療の枠から外れてしまい、
行き場がなくなって困っている方をたくさんみてきました。
医療機関で対応しきれない、でも普通のサロンに行くのは
心配という方に対応できる場所があればと思い、
ケアできる環境を作りました。

・今の活動(仕事)をしていて楽しいことは?
ブログなどから、遠方の方とつながったり、
他職種の方と関わる機会が多くなったこと。
会社員のときに比べ、視点が広がりました。

・今の活動(仕事)のやりがいは?
医療機関で診てもらえなかった、検査をしたけれど問題なく様子見、
と医療機関からこぼれてしまった方々から、
「こういうところがあってよかった!」
と、言ってもらえた時は、始めてよかったと思います。

むくみ以外に痛みを持っている方や、眠れない方など、
病院で勤務していたときにカバーしきれなかった部分も、
細かくフォローできる部分。また、その方の状態や表情が変化していくのを、
一緒に体感し、喜べることは本当に嬉しいです。

・今の活動(仕事)の大変な点は?
勤めている時と違い、「待っていても誰も来ない」ということです。
また、時間の管理を自分で上手にしていくこと。

・今の活動をお金にするために苦労したこと、工夫したことは?
自分の提供できる価値とはなにか、をすごく考えました。
知ってもらうために、ポスティング、折り込み広告、
近所のお店にパンフレットを置いてもらう、HP作成、ブログなどをしました。
ポスティングは精神が鍛えられます。

・今の活動(仕事)をするようになってから自分の心境の変化はありましたか?
病院に勤めていることが、いかに恵まれているかがわかりました。
飲食店や、他のサロンなど、あらゆるサービスに対して、
色々考えるようになりました。

・今の活動(仕事)をするようになってから周囲の反応は?
身内はやりたいならやれば?と自由にさせてもらっています。

・どんなお客さんが多いですか?
30〜40代の日常的なむくみに悩まれている方
40〜60代の骨折後のむくみや、がんの術後のリンパ浮腫の方。

・どんなお客さんに自分のサービスや商品を利用してほしいですか?
どこに行けばいいのかわからず、むくみを放置している方。
自分の体を変えていきたい方。

・今の活動(仕事)をしていて一番うれしかったことは?
見ず知らずのリンパ浮腫の方が、私のブログを
参考にしていると紹介しているのを見つけたとき。

・今の活動(仕事)をする上で、参考になった本やサイトなど。
本は色々読んでいます。
ブログでよく読んでいるのは
かさこさんのブログ http://kasakoblog.exblog.jp
青山華子さんのブログ http://aoyamahanako.com

・今後どんなことをしていきたいですか?
他職種とのコラボや、地方での施術・セミナーなど行っていきたいです。

・セルフマガジンの申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/caf23531532885

・最後にアピールしたいことがあれば一言
手術後のむくみケアに対する環境は、まだ充実していません。
まずむくみについて知ることで、むくみの悪化を防ぐこともできます。
できることから始めましょう。

・ブログURL
https://ameblo.jp/kikuzou800/