好きを仕事にするかさこ塾生インタビュー!自然とひと・子どもと大人をつなぐ森のようちえん代表&有機農家・石井千穂さん(広島)

・今、どんな仕事をしていますか?
野外共同保育「森のようちえん まめとっこ」代表として、
スタッフと保護者が協同で運営・保育に携わる子育ち・親育ちの場づくりと保育。
有機農家「咲とやま農園」として、野菜の販売や食と農のイベントをしています。

・今の活動(仕事)に出会った、もしくははじめたきっかけは?
2008年、長男が5ヶ月の頃に、当時住んでいた
愛知県春日井市の自然食品店で
森のようちえんのチラシを偶然手にしました。
そこに書かれていた「子どもには自分で育つ力がある」という言葉にハッとし、
子育ての責任をすべて背負い込みそうになっていた肩の荷がおりました。
同時に、これから私が取り組むのはこれだ!と直感。
長男が6ヶ月の頃から森に通い始めました。
また、時期を同じくして、陸上自衛隊に勤めていた夫がうつ病を発症。
夫婦で新しい生き方を模索する中で農家への転身を決意。
2010年秋に広島にUターンし、私は森のようちえんづくり、夫は農業を始めました。

・今の活動(仕事)をしていて楽しいことは?
子どもの世界のおもしろさを、お母さんたちと共有できること。
大人の都合・価値観を押しつけず子どもが自分で感じ、
考え、判断し行動するのを信じて待ち、見守る保育をしているので、
「子どもはこんなふうに感じてるのか!」
「こんなふうに遊ぶのか!」と発見の連続です。
それをすぐにお母さんたちと報告し合えるので毎日新鮮な楽しみがあります。

・今の活動(仕事)のやりがいは?
お母さんたちと、大変さも含めて子育ち・親育ちの喜びを共有できること。
有機農家としては、つくったものや提供したイベントを喜んでもらえる充実感。
森のようちえんも農業も、未来のいのちを育てる仕事なので、
未来に向けて日々種まきできていることが最高のやりがいです。

・今の活動(仕事)の大変な点は?
お母さんも運営・保育に携わるので、
お母さんたちが仕事を抱え込みすぎないようにバランスを取ることです。
お母さんが家庭でも笑顔でいられるように、仕事をみんなで分担したり、
しんどいことはしんどいと言い出せるような関係づくりをしています。
農園の方は、夫が平日は集落の農事組合法人の専従職員として勤務しているので、
咲とやま農園に割ける時間が少なく野菜づくりや
イベントの計画が安定しづらいことです。

・今の活動をお金にするために苦労したこと、工夫したことは?
広報、発信です。
森のようちえんはまだまだ少数派で、
お母さんも運営・保育に携わる共同保育はさらに少数派。
また、大人が子どもを楽しませる場ではなく、
見る人によっては「何も提供してもらえない」場です。
「何もない」ことの良さが伝わるように
森のようちえんでの子どもの姿・親の成長を発信し続けてきました。
また、より認知を広げるために行政とのつながりをつくるようにしてきました。

・今の活動(仕事)をするようになってから自分の心境の変化はありましたか?
白と黒、善悪で物事をジャッジしていたのが、
グレーの豊かさやさしさに気づけるようになったこと。
人にも自分にもやさしくなりました。

・今の活動(仕事)をするようになってから周囲の反応は?
「いいことしてるね、頑張って!」と応援してもらっています。

・どんなお客さんが多いですか?
自然の中で子育てをしつつ、自分も親として・人間として成長したいと考えるお母さん。
子育ての仲間がほしいという方も多いです。
農園も、子育てファミリーがほとんどです。

・どんなお客さんに自分のサービスや商品を利用してほしいですか?
子どもに対していつもイライラしてしまう、こんなはずじゃなかったのに…
と出口を探している方にぜひ森のようちえんに触れてもらいたいです!

・今の活動(仕事)をしていて一番うれしかったことは?
森のようちえんづくりに奔走しすぎて犠牲にしてきたと思っていた長男が、
母の日に「お母さん、森のようちえんのおしごとがんばってね」
と手紙をくれたこと。

・今の活動(仕事)をする上で、参考になった本やサイトなど。
森のようちえんの師匠で親友の浅井智子さんが
園長をつとめる「自然育児森のわらべ多治見園」
http://www.morinowarabe.org/
アドラー心理学

・今後どんなことをしていきたいですか?
森のようちえん開園支援、大人対象の自然遊びイベント、プレーパーク(冒険遊び場)づくり。
特技を生かして印刷物・ウェブコンテンツ校正サービス。
アクティブ・カラーセラピーのセラピストとして
より多くのお母さんの子育てを支えたいという夢もあります!

・最後にアピールしたいことがあれば一言
これまで発信や活動を継続してきたことが一つ実をつけ、
県が実施予定のひろしま自然保育認証制度の制度づくりに携わることができました。
まだまだ少数派の森のようちえん、
みなさんの身近にもあればぜひ応援してください!

・ブログURL
http://seaofsky.exblog.jp/