好きを仕事にするかさこ塾生インタビュー!すべての犬の幸せを願って保護活動中☆わんラブ・岩田陽子(チャコまま)さん(栃木小山)

・今、どんな仕事をしていますか?
殺処分ワースト県の茨城で保護犬活動をしています。
保護犬活動とは、捨られた犬(主に大型犬)の新しい里親を見つける
ボランティア(個人)です。

・今の活動(仕事)に出会った、もしくははじめたきっかけは?
現在、一緒に活動しているビータヌママより
2011年に保護犬のチャコ(ラブラドール)を譲り受けたことから
初めて「保護犬」の存在を知りました。
そこから、弁護士秘書の仕事を辞め、保護犬活動をはじめました。

・今の活動(仕事)をしていて楽しいことは?
①たくさんの大型犬に囲まれて生活出来ること、
いろいろな犬種・年齢層を飼育できること。
(妊婦犬・生まれたての仔犬・成犬・老犬・
看取りまですべてやらせていただきました。)

②日々保護犬たちを観察して、ブログネタを考え発信すること。

③里親さんが決まり保護犬をお届けする際に、
行ったことない場所や見知らぬ遠くの街へ出掛けられること。
(車の移動距離はトラックの運転手並。お蔭で車の走行距離がすごいことに…。)

④犬を通じて日常生活では出会えないたくさんの人
(里親さん、支援者さん、読者さん、センターの方、保護仲間などなど)
と繋がりを持てること。

・今の活動(仕事)のやりがいは?
毎日、自宅で保護犬たちのお世話をしているのですが、
家に来た当初、暗い瞳をしていて意思疎通もできなかった犬たちが、
だんだんと心を開いて立派な家庭犬として
成長していく姿にやりがいを感じます。

中でも一番のやりがいは、保護犬に里親さんが見つかった時と、
犬を迎えることによって里親さんの人生がより良いものに変わっていく時です。
命を助けた保護犬から、本当は人間の方がたくさんのものを
与えてもらっていることを実感しています。

・今の活動(仕事)の大変な点は?
はっきりいっていっぱいありすぎて書ききれないです。(笑)
強いて言えば、動物指導センターで助ける犬を1~2頭だけ選ぶこと。
この作業は毎回心が折れます。
また、大型犬は小型犬に比べて費用がかかるので、それも大変なことのひとつです。

・今の活動をお金にするために苦労したこと、工夫したことは?
この保護活動はボランティアですので、参考にならないかもしれませんが
活動資金や物資のご支援を募るため工夫していることはあります。

①ブログを書いている。(2012年6月~ ビータヌママと一緒に書き始める)
②欲しいものリストを作成し公開している。
③振込先を公開している。

・今の活動(仕事)をするようになってから自分の心境の変化はありましたか?
心境の変化どころではなく、自分の価値観と生活が180度変わってしまいました。(笑)
というのも、2011年に保護犬のチャコを飼ったときには、
弁護士秘書として働くバリバリのワーキングマザーだった私。
当時、夫とは仮面夫婦。子どもたちも不安定で
ギスギスしていた家庭内を癒してくれたのがチャコの存在でした。

わたしは思い切って仕事を辞め、フリーになって現在の保護活動を始めます。
いつも何かに追い立てられる感じがして、
イライラしていた完璧主義のわたしの心を
何も持たない保護犬たちが救ってくれたのです。
当時とはまるで別世界に住んでいるような、大きな心境の変化(人生の転機)です。

・今の活動(仕事)をするようになってから周囲の反応は?
活動を始めた当初は「仕事もしないで遊んでいる」と言われ
変な目でみらることもありましたが、
活動を続け実績を出すことで次第に
周りの理解を得ることが出来るようになりました。

保護活動に大反対の夫も、今ではとても協力的で保護犬たちのことを
とても可愛がってお世話してくれるようになりましし、
この頃は、犬や猫を飼う時には「岩田さんから譲り受けたい」
と言っていただくことも増ました。とてもありがたいですね。

・どんなお客さんが多いですか?
お客さんではないですが
里親さんの共通点は、犬の好きな方、保護活動に理解のある方です。

・どんなお客さんに自分のサービスや商品を利用してほしいですか?
犬を飼うことを検討されている方は、ぜひ一度相談ください。
ペットショップ以外にも犬を飼う方法があることを知って欲しいです。

・今の活動(仕事)をしていて一番うれしかったことは?
保護犬に新しい里親さんが見つかった時。
もう、これほど嬉しいことは他にありません!!!!!

・今の活動(仕事)をする上で、参考になった本やサイトなど。
本ではわからないことが多いので、同じ保護活動をしている仲間のブログ、
ドッグトレーナーさん、動物病院の先生から頂いたアドバイスを参考にして活動しています。

・今後どんなことをしていきたいですか?
今の活動スタイルを続けつつ、寄付だけに頼るのではなく、
自分たちでも活動資金を創出できるシステムを作っていきたい。

・セセルフマガジンの申し込みフォーム
メールから直接お問い合わせください。
ilovewans@gmail.com

・最後にアピールしたいことがあれば一言
犬と一緒に暮らす人生はとても豊かな時間に溢れています。
ですが、犬(動物)を飼わないことも動物愛護に繋がっています。

・ブログURL
すべての犬の幸せを願って保護活動中☆わんラブ
https://ameblo.jp/ilovewans/