好きを仕事にするかさこ塾生インタビュー!イライラを上手にあつかうコツをお伝えします!アンガーマネジメントアドバイザー・安藤生奈さん(浜松)

・今、どんな仕事をしていますか? アンガーマネジメントの講師。 イライラや怒りの感情を上手にあつかうコツをお伝えしています。 ・今の活動(仕事)に出会った、もしくははじめたきっかけは? 3人の子育て中に子育て思うように行かずイライラしてしまってた時に Facebookでアンガーマネジメントの存在を知り、 「まさにこれだ!」と思い学びました。 そして、自分の人生がガラッと変わったので 1人でも多くの方にアンガーマネジメントを お伝えしたいと思うようになり資格を取りました。 ・今の活動(仕事)をしていて楽しいことは? 講座中に受講している皆さんの表情が変わった時。 「ああそうなんだ!」と気づいていただけた時。 毎回の講座で皆さんで体験をシェアすることで 自分自身にも学びがあるところ。(毎回新鮮で楽しいです) ・今の活動(仕事)のやりがいは? 「受講して良かった!自分の人生が変わった!」と言っていただけた時。 (私自身もそうだったので嬉しくなります。) ・今の活動(仕事)の大変な点は? まだ子育て真っ最中ですので、時間に制約があるところ。 アンガーマネジメント自体、まだまだ存在を知っていただけていないので、 いかに存在を知っていただけるか。受講したいと思っていただけるか。 ・今の活動をお金にするために苦労したこと、工夫したことは? 講座の存在を知っていただいて受講していただくために ブログやSNSで情報発信を心がけています。 「安藤生奈(いな)のアンガーマネジメント講座を聴きたい!」 と興味を持っていただきたいです。 自分自身が魅力ある人間になれるよう日々学んでいます。 ・今の活動(仕事)をするようになってから自分の心境の変化はありましたか? 講師として魅力的になれるように内側も外側も磨く努力をするようになりました。 アンガーマネジメントの講座をすればするほど、 1人でも多くの方にアンガーマネジメントをお伝えして、 世の中の怒りの連鎖を断ち切れるように活動したいと強く思いました。 ・今の活動(仕事)をするようになってから周囲の反応は? 家族が助けて応援してくれています。 最近は子供たちからもアンガーマネジメントの相談を受けるようになりました。 ・どんなお客さんが多いですか? 平日昼間の講座開催が多いので、 現在は赤ちゃんから思春期のお子様のいらっしゃる主婦の方が多いです。 また、職場の社員研修や就職支援などの研修にもお声かけいただいています。 ・どんなお客さんに自分のサービスや商品を利用してほしいですか? 怒りの感情をコントロールすることはどの世代の方にも共通している課題です。 子供から大人まで(お年寄りの方も)全ての方にアンガーマネジメントをお伝えしたいです。 ・今の活動(仕事)をしていて一番うれしかったことは? アンガーマネジメントで人間関係が変わるということを実感できたこと。 受講された方に少し経ってからお会いした時に 「受講して良かった!自分の人生が変わった!」と言っていただけたこと。 受講した子供たちが積極的に相談をしてくれるようになったこと。 ・今の活動(仕事)をする上で、参考になった本やサイトなど。 「アンガーマネジメント入門」 「怒りに負ける人 怒りを生かす人」 「はじめてのアンガーマネジメント実践ブック」 安藤俊介 「いつも怒っている人もうまく怒れない人も図解アンガーマネジメント」 「アンガーマネジメント1分で解決!怒らない伝え方」 戸田久美 「かさこブログ」 http://kasakoblog.exblog.jp/ ブログやSNSでの情報発信が怖かった私が変われたブログです。 ブログで発信する方にオススメ。 「人は誰でも講師になれる」中谷彰宏 講師になるためのアドバイス満載です。 「多動力」堀江貴文 常識やしがらみにとらわれない時間の使い方や仕事のやり方を学べます。 「嫌われる勇気」岸見一郎 アドラー心理学はアンガーマネジメントにも共通する部分があり学びが深まります。 ・今後どんなことをしていきたいですか? ①アンガーマネジメント×怒らない体操のインストラクターの活動。 (ついつい笑顔になる体操でアンガーマネジメントを広げたいです) ②小学生や中学生に向けてのアンガーマネジメント講座をもっと広めていきたい。 (学校や公民館などで) ③子供達にアンガーマネジメント講座ができる アンガーマネジメントキッズインストラクターの養成講座を開催。 ④怒りの傾向がわかるアンガーマネジメント診断などで、 イベントに参加して1人でも多くの方にアンガーマネジメントの存在を知っていただきたい。 ・最後にアピールしたいことがあれば一言 アンガーマネジメントは、怒らないようになることが目的ではありません。 怒る必要があることは上手に怒りを表現し、 怒る必要のないことは怒らなくて済むように。 その線引きができるようになることがゴールです。 一人一人が自分自身の感情に責任を持って行動出来れば、 怒りの連鎖は断ち切ることができると信じています。 人生が変わるアンガーマネジメント。 一緒に一歩を踏み出してみませんか? ・ブログURL 『絵本で3人子育て安藤生奈(いな)の アンガーマネジメントは誰でもできる@浜松市・静岡市』 https://ameblo.jp/andoina-angermanagement