好きを仕事にするかさこ塾生インタビュー!人生を取り戻す片づけサポーター・東條真紀さん(浜松)


・今、どんな仕事をしていますか?
片づけやすい仕組みを作るサポーター業と講師業。
片づけサポート、講座を静岡県西部を中心にしています。

・今の活動(仕事)に出会った、もしくははじめたきっかけは?
元々片づけが苦手で悩み続けていました。
二児の母となり、精神的にも参った時に決意し、汚部屋を脱出。
人生が好転したのを機に、同じ悩みを抱える女性をサポートしようと決めました。

・今の活動(仕事)をしていて楽しいことは?
お客様の悩みに寄り添い、今後の暮らしがもっと楽に
もっと楽しくなる仕組みを一緒に創っていけること。
ゴールに到達した時の達成感を分かち合えること。
新しいお客様との出会い。前向きで優しく、
向上心の強い方が多く、学ぶことがたくさんあります。

・今の活動(仕事)のやりがいは?
毎日の暮らしという、人生に影響を大きく
与える重要かつ基本的な領域で役立てること。
母親が笑顔になることで、夫や子どもたちといった
家族の笑顔にも貢献できること。

・今の活動(仕事)の大変な点は?
まだ片づけをプロに頼む、という認識が一般的ではないため、
単なる掃除や収納するだけの人と思われがちなこと。
プロとともに整えるメリットを伝えきれていないこと。

・今の活動をお金にするために苦労したこと、工夫したこと。
ロールモデルになる人が周囲にいなかったこと。
認知してもらうまでに時間がかかったこと。
講座の会場探しは、近隣の工務店などにダメ元で
アタックするところから始めました。
ブログを活用し、自分自身や仕事について
知ってもらう工夫を継続しています。
「100日オーガナイズ」「2017年2017個手放すプロジェクト」
「project333」など、様々なプロジェクトをブログで記録し呼びかけ、
トトノエル喜びを読者と共有しています。

・今の活動(仕事)をするようになってから
自分の心境の変化はありましたか?
変わりました。
自分の得意を生かして、役立てるお客様に出会えるようになったので、
日々のやりがいが増しました。主体的に生きている実感を
得られるようになりました。苦手だったことや、
人より劣っていると思えることも
自分の持ち味だと受け止められるようになり、
より得意なことに特化していこうと思えるようになりました。

・今の活動(仕事)をするようになってから周囲の反応は?
浜松では第一人者として見られることが増えました。
好意的に受け止めてくれる方がほとんどです。

・どんなお客さんが多いですか?
30代〜40代の女性が多いです。
子育て中のママや、仕事との両立、賃貸の限界、同居の難しさなど、
様々な状況の方からお悩み解決のご依頼をいただいています。
医療や教育などの「先生」と呼ばれる職業の方が多いです。
向学心も高く、資料も多く、時間的な制約があるのと、
プロ意識が高いため、一人でがんばるより、
プロに依頼した方が早い、と思われるようです。

・どんなお客さんに自分のサービスや
商品を利用してほしいですか?
もっと楽に、もっと楽しく毎日を過ごしたい方。
自分も家族も早く帰りたくなる家、
パワーチャージできる家にしたいと強い願いをもっていらっしゃる方。
学びたい方には、講座で整え方を身に着けていただくことも可能です。

・今の活動(仕事)をしていて一番うれしかったことは?
サポートしたお客様から、楽しく楽に暮らせるようになった、
と報告をいただいた時。
「家も心も軽くなった」「家族との仲がよくなった」
「自分のことが好きになれた」などの言葉は宝物です。

・今の活動(仕事)をする上で、参考になった本やサイトなど。
◼︎大塚敦子さんの本
『モノとわかれる! 生き方の整理整頓』
◼︎渡辺奈都子さんの本
『人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論』
『しなやかに生きる心の片づけ』
◼︎ウイリアム・グラッサー著
『グラッサー博士の選択理論―幸せな人間関係を築くために』

・今後どんなことをしていきたいですか?
浜松の女性がもっと楽にもっと楽しく暮らせるように、
サポートをしつつ、そんな暮らし方をしているロールモデルになれるよう、
自身も日々を楽しんでいきたいです。

・最後にアピールしたいことがあれば一言
片づけたい思いがある限り、最後までお手伝いします。
捨てましょう、と言わないやり方で、自分を大切にしている、
と思える空間づくりをサポートします。
空間の片づけのみならず、思考や心の片づけのサポートも活用して、
自分の人生を自分でコントロールしてる実感を得てください。
ご相談、お待ちしています。
http://suteru-happy.cos.ciao.jp/