好きを仕事にするかさこ塾生インタビュー!起業家の想いをカタチに・うさくま堂デザイン主宰・竹村由佳さん(仙台)

・今、どんな仕事をしていますか?
広告・宣伝に関するグラフィックデザイン全般。
具体的には、名刺・チラシ・リーフレット・
セルフマガジンを企画からデザインまで行います。
ロゴデザイン、看板、飲食店のメニュー、店舗内装の実績もあります。
単にカタチをきれいに整えるだけではなく、
お客様のビジネスパートナーでありたいと思っています。

・今の活動(仕事)に出会った、もしくははじめたきっかけは?
専門学校では家具・建築のデザインを学んだものの、
就職した建築会社や家具の工場はことごとく倒産。
広告デザイン専門の派遣会社に勤める友人からの紹介で、
DTPを独学で学んだことがきっかけです。
家具、建築に関して3年、グラフィックデザイン関連の仕事を
会社員として約15年、フリーのデザイナーとしてもうすぐ4年になります。

・今の活動(仕事)をしていて楽しいことは?
表面的なデザインのことだけではなく、
日々変化するマーケティングの考え方や広告に関して、
常に知っておきたいことが多々あることです。

・今の活動(仕事)のやりがいは?
お客様から「名刺を褒められた」
「チラシ経由でお客さんが来た」との連絡があると、やってよかったと思います。

・今の活動(仕事)の大変な点は?
華やかに見えて実はブラックな広告業界。会社員でも個人事業でも、
そのハードな部分に気がつかなくなっているのが問題かもしれません。

・今の活動をお金にするために苦労したこと、工夫したことは?
夫の転勤に同行し、誰も知り合いがいない仙台での起業でした。
まずは存在を知ってもらうところから始めました。
何も知らず頼れる人もなく、騙されるような経験もしました。
やっと仙台で仕事になりつつあるところで東京へ引っ越し。
東京でまた一からの人脈つくりのほか、
さらには未就学児の息子をお願いする保育所探しは3回目です。

・今の活動(仕事)をするようになってから自分の心境の変化はありましたか?
会社の仕事として請け負うデザインと、自分で営業し依頼されて行うデザイン。
規模は会社で受ける仕事のほうが大きいものの、どちらも仕事としては同じです。
にもかかわらず、責任感と熱量は会社員時代以上に高まりました。

・今の活動(仕事)をするようになってから周囲の反応は?
デザイナーはフリーで行う人が多いため、
「やっとフリーになったんだね」と言われました。

・どんなお客さんが多いですか?
個人事業主の女性が多いですが、
最近は男性や一般企業からの問い合わせ・受注が増えてきました。

・どんなお客さんに自分のサービスや商品を利用してほしいですか?
宣伝ツールが不要に方には「今は作る時期ではない」と言いますので、
気軽に相談してほしいと思います。
30分程度の相談は無料で行なっております。

・今の活動(仕事)をしていて一番うれしかったことは?
直接お仕事につながらなくても、いつもブログを読んでくださる方や、
ブログを参考に自分で名刺を作ってくださった方が
私が思っているより大勢いらっしゃったことです。

・今の活動(仕事)をする上で、参考になった本やサイトなど。
インテリアデザイナー/倉俣史郎氏の追悼展を浪人中に見たこと。
インテリアデザイナーは諦めてしまいましたが、
あの追悼展を見ていなかったらデザイン以外の道へ進んだと思います。
http://e-daylight.jp/interior/designers/shiro-kuramata/profile/index.html

・今後どんなことをしていきたいですか?
妊娠出産で5年離れていた趣味・オートバイにまた乗ります。
小排気量ですが、この趣味を通じた発信をしていき、
それがデザインの仕事とリンクできたらいいなと思っています。

・セルフマガジンの申し込みフォーム
https://usakuma-do.jp/contact

・最後にアピールしたいことがあれば一言
1人で集客や宣伝広告に悩む事業主の方、
抱え込まずにまずは気軽にご相談ください。
通販広告の実績からマーケティングを考えたデザインの考え方を持って、
さまざまな事業の展開を一緒に考えます。
また、一般企業の広告プロモーションや、
個人のPRツールのデザイン制作も承ります。

・ブログURL
https://usakuma-do.jp/