好きを仕事にするかさこ塾生インタビュー!大阪の文楽・落語・歌舞伎の面白さを伝える古典芸能案内人・天野光さん(大阪)


・今、どんな仕事をしているますか?
大阪の伝統芸能「文楽」の楽しみ方を伝える講座を開いたり、
講師として呼んでもらったりしている。

・今の活動(仕事)に出会った、もしくははじめたきっかけは?
関西では古典芸能公演に空席が目立つことを憂い、
情報発信者となることを決意しました。

・今の活動(仕事)をしていて楽しいことは?
既存の講座では聞いたことが無い
自分なりの切り口で伝統芸能の面白さを話せること。

・今の活動(仕事)のやりがいは?
ものすごくやり甲斐はあります。
講座をするために何時間と時間を費やしても全然苦痛では無いし、
受講者の皆さんに話しているときは、とっても楽しいです。

・今の活動(仕事)の大変な点は?
集客できない事です。
ニーズがあるかどうか、今のところ不明なことも
大変なことのひとつです。

・今の活動をお金にするために苦労したこと、工夫したこと。
苦労したことは、歌舞伎役者さんや文楽の技芸員さんが
無料や、500円で講座を行っているので
無名かつ学者でも無い私の話を聞いてくれる人は
今のところ少ないことです。
工夫したことは、古典芸能ファンの目から見た
古典芸能の話であることを強調。
プロの役者さんや芸人さんの話も魅力的だけど、
ざっくばらんに素人目線だからこそ、
話せることをお伝えします、と強調しました。

・今の活動(仕事)をするようになってから
自分の心境の変化はありましたか?
ありました。収入が減ったのにも関わらず
将来に対して不安が全く無くなり毎日が楽しいです。

・今の活動(仕事)をするようになってから周囲の反応は?
家族は大賛成です。
友達も頑張ってるね、と応援してくれています。

・どんなお客さんが多いですか?
一言では言えないのですが、
年代は年配の方が多いですが、若い方も居ます。
数回、文楽を見たことがあるが、
文楽についてもっと知りたい人が多いです。

・どんなお客さんに自分のサービスや
商品を利用してほしいですか?
まだ古典芸能を見たことが無い人。
これから古典芸能を見に行きたいと思っている人。
古典芸能に興味は無いが、冷やかしでも
1度くらい劇場にいってみようかな、と考えている人。
今まで古典芸能を見たことがあるけど、面白いと思わなかった人。

・今の活動(仕事)をしていて一番うれしかったことは?
天野さんの講座のおかげで、
文楽の楽しみ方が分かりました。と言ってもらえること。

・今の活動(仕事)をする上で、参考になった本やサイトなど。
日々フェイスブックで流れてくる情報がためになっています。
参考にしている本やサイトはありません。

・今後どんなことをしていきたいか?
地方自治体の生涯学習講座を担当したいです。
地元の人が知らない【地元に関係のある演目について】話していきたいです。
日本全国で講座を持ちたいです。

・最後にアピールしたいことがあれば一言
「文楽」だけで無く「歌舞伎」や
「落語」についての講座も持てます。
どんどん依頼して下さい。
そして1度、天野光の話しを聞いて下さい。
「古典芸能って面白いかもしれない。」って思ってもらえますよ。
https://ameblo.jp/koten-geinou-guide/